子育ては時々、自分に心の余裕がないと子供に向き合えない時があります。そのため、自分の時間を少しでも持つことは 大切だなと感じます。美容院に行ったり、友達と一時間お茶を飲んで、おしゃべりしたりなどと。ささいなことでいいから、ほっとする時を一週間に一度は欲しいと思います。しかし、小学生になるとなかなか預けることができず、ずっと一緒にいなくちゃならないから、お母さんたちは休む暇がなかったりします。たまにはお父さんとどこかに出かけて欲しいなと思いますが、子供らは「お母さんも一緒がいい。」と言います。どこかに行くのも、お家にいる時もずっと一緒に過ごさないといけない時間が多いのです。でも、子供がかわいいから、愛しているから、たとえ自分の時間がなくてもお母さんたちは頑張れるのです。赤ちゃんの時から、愛して愛される関係を育むことは、自己肯定感を生み出す最大のポイントなのです。そして、言葉かけや温かいまなざしを向け、自然の中で感動する体験をさせていくことも大事なポイントだと私は思います。